>

早めに用意しておくのがおすすめ

家族に聞いてみよう

家族からお金を借りる際は、返済の期間を自由に決められるメリットがあります。
金融機関などは、返済する期限を勝手に決められます。
それまでに返済しないといけませんし、利子も発生します。
借りた金額に、利子を付けて返済するので負担が大きいと感じるかもしれません。
家族から資金を借りた場合は。ゆっくり返済するスケジュールを決めることができます。

また利子を安く付けることもできるので、負担軽減に効果的です。
よく話し合えば、利子はいらないといってくれるかもしれません。
こちらが一方的にお願いするのはいけません。
丁寧にお願いすることで、良い条件で資金を貸してくれると思います。
家族や信頼できる友人がいたら、まず相談しましょう。

具体的な計画を伝えよう

ただ会社を経営したいから資金を貸してくれと行っても、怪しいので知り合いは貸してくれません。
どのような会社を始めるのか、具体的に伝えてください。
仕事内容や、業務計画を伝えることで信頼してもらえるかもしれません。
会社が成功すると判断したら、知り合いは資金を貸してくれると思います。
ぶっきらぼうに資金を貸してくれと言っても、こちらの印象が悪くなるだけです。


また、約束した返済期限をまもってください。
決めた日まで返済できないと、自分の信頼を大きく失ってしまいます。
今後の人間関係にヒビが入るので、無理のない返済期間を決めてください。
こちらはあまり条件を言えない立場ですが、希望の返済期間ぐらいは伝えてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る